ホイールのハブリング

ホイールのハブリングについて、必要性と種類、オートバックスなどの販売している販売店、購入についてなどをご紹介しています。

ホイールのハブリング

ホイールのハブリングとは、ホイールを装着する場合に、車体側のハブ(車輪の中心の部分)をホイールのセンターボアという穴に通しますが、この穴の大きさを調整するためのものです。

ホイールのハブリングが必要な理由

ハブの直径は自動車メーカー毎に違い、また、車種によっても違うことがあります。ハブの直径がいろいろとあるため、メーカーの純正のものではないホイールは、センターボアが大きめになっています。このため、ハブとセンターボアの間には、通常隙間が出来てしまいます。この隙間が出来ないようにするためにハブリングが必要となります。

ホイールのハブリング・トップイメージ

ホイールのハブリングがない場合

ホイールのハブリングがない場合には、どうしても隙間ができてしまいますので、高速で走行する場合などには、揺れを感じたりします。通常では、揺れを感じてもその原因がハブリングにあるとは思わないので、気をつけたいところですね。

ホイールのハブリングはどんな場合に必要になるのか

ホイールのハブリングを必要とする車は、どんな車かということに、興味が出てきますね。基本的には、ホイールをメーカー純正のものから汎用のホイールに取り替えた車には必要になります。このホイールを取り替えるときには、必ずハブリングの取り付けについても確認して、忘れずに取り替える必要がありますね。純正のホイールから交換していない人には、必要のないものになりますね。この辺りは注意が必要ですね。ハブリングを購入しない場合も多いので、覚えいておいてくださいね。

ホイールのハブリングの種類

ホイールのハブリングにはとても沢山の種類があります。ある程度フィットさせる程度のルーズなものから、完全にフィットさせるものまで、ハブリングの性能や目的もさまざまです。フィットする程度が完璧に近いもの程、振動が少なくなり、高性能的なものと言えます。ただし、高精度のものは取扱に注意が必要になります。例えば、実際にホイールを装着するホイールナットの締め具合にも気をつける必要が出てきます。つまり、通常数本あるホイールナットの締めを同じ程度に締める必要が高くなります。それだけ、細かい調整が必要になりますので、メンテナンスにも経験などが必要になります。サーキット走行等の高度な運転をするのではない場合には、ある程度フィットで余裕のあるもので十分だとも言えます。

ホイールのハブリングを装着していない方はなるべく早く装着を

ホイールのハブリングを装着すると、気っていたハンドルのぶれが感じられなくなります。なるべく早く装着することをオススメします。大変満足感は高いと言えます。

ホイールのハブリングはオートバックスでも販売しています

ホイールのハブリングの値段は、安いもので数千円、高いものでは数万円程度のものまで沢山の種類があります。当然、素材により値段・性能も違いますので、購入する時には、よく確認するようにして下さい。ハブリングは、オートバックスなどのカーショップやインターネットでも購入することもできます。ハブリングは、車の部品の中でも特殊なものになりますので、今までハブリングを取り扱った経験のある場合以外は、詳しくアドバイスを受けながら選択したほうが良いと言えます。

ホイールのハブリングの販売店選び

ハブリングの購入する場合には、販売店選びが大切になります。悪質な販売店などでは、ハブリングが必要であっても、なくてもタイヤホイールは装着することが出来ます。また、走行することは、ハブリングなしでも出来ますので、ハブリングなしということもありえます。基本的に優良なショップであれば、顧客側が自分の車の車種を指定してタイヤを発注すれば、適したハブリングをセットで付けてくれます。当然、専用の物がない場合には汎用性の物を付けてくれます。このため、ホイールのハブリングを購入する場合には、どの販売店にするか販売店選びはとても大切なことになります。