車税金の金額

車税金の金額について、排気量に比例して高くなる点や用途によってわかる点、自動車税金の種類別の自動車税,軽自動車税,自動車重量税,自動車取得税,揮発油税,地方道路税,軽油引取税税金の徴収される時期も説明しています。

車税金

車の税金は、結構いろいろとあります。自動車税(都道府県税)、軽自動車税(市町村税)、自動車重量税(国税)、自動車取得税(都道府県税)、消費税(国税)などがかかります。また、ガソリンなどにも揮発油税、地方道路税(国税)、軽油引取税(都道府県税)がかかります。

車税金の金額

自動車税は、自家用の普通車で排気量
1000ccまで29500円
1500ccまで34500円
2000ccまで39500円
2500ccまで45000円

車税金の金額・トップイメージ

自動車税金は用途によって違いがある

自動車の税金は用途によって、金額は違いがあります。普通の自家用車、業務用の営業車、そして特別な用途の車に分類されています。特別な用途の車に分類されるものは、救急車、消防車、警察車両、霊柩車、放送中継車、給水車、バキュームカー、キャンピングカーなどが含まれます。これらの自動車は、「特種用途自動車」と呼ばれるものであり、通称8ナンバーと呼ばれています。但し、特殊用途自動車のなかには9ナンバーのものも含まれています。

自動車税金は、基本的には排気量や積載量の少ない車のほうが税金自体は低くなります。また、自家用車よりも営業車のほうが税金は低くなります。その差は3倍強あります。営業車に分類される車は、ナンバープレートが緑色と決まっていますので、通称では、緑ナンバーと呼ばれています。コレに対して、一般の自家用車のナンバープレートは白が基本ですので、白ナンバーと呼ばれています。また、普通車は軽乗用車の3倍位税金が高いです。

自動車の税金を低く抑えるのならば軽自動車

税金の金額を安く抑えるためには、軽乗用車に乗ることをオススメします。また、車の車両本体の価格も安くなりますし、通常はガソリン代もあまりかかりません。エコ意識の高まりもあり、販売台数は比較的に順調に推移していますので、車自体のデザイン、乗り心地なども依然に比べると改善されてきています。また、車両保険なども安く上がります。

自動車の税金は排気量に比例

自動車の税金については、同じ普通車の分類の中でも排気量が大きくなると税金は高くなります。排気量が小さい1000ccや1500ccのものでも、通常の走行では特に問題となる点もありませんので、この辺りの排気量の車を選ぶのは、とてもオススメ出来ます。また、ガソリン価格も高騰していますので、比較的排気量の少ない、燃費の良い車に乗ることはガソリン代も節約でき、環境にもやさしい生活が可能になります。手堅く賢く合理的に税金の安くて、ガソリンの消費量も少ない低排気量の車にするか、それともムダだろうと高かろうと贅沢な高排気量の車にするかは、車好きな方には難しい選択になると思います。税金だけではなく車自体の価格もやはり高排気量のものが高くなる傾向があります。保険料なども高くなります。

税金を払うタイミング

自動車税(都道府県税)と軽自動車税(市町村税)は、車を保有していれば、毎年払う税金で、4月1日時点で車を所有している場合に課税される。自動車重量税(国税) は、車の購入時と車検のたびに課税させる。自動車取得税(都道府県税)は、文字通り自動車を購入したときにかかる税金です。消費税(国税) も車を購入したときとガソリンにも掛かっています。 揮発油税、地方道路税(国税)、軽油引取税(都道府県税)については、ガソリンの給油したときに、代金の中に含まれて徴収されています。

車の販売台数の減少

最近のガソリン価格の高騰とエコ意識の高まりのために自動車の販売台数は減少しています。税金も高く、いろいろな種類のものが取られます。これらかは、車の所有する必要があるかよく検討する必要が出てきたと思います。