車用の座布団

車用の座布団を上手に選んで車の運転に伴う腰痛やヘルニアを予防しましょう。さらに、低反発なもの、いぐさ、テンピュールなどの素材を使用した座布団もご紹介しています。

車用座布団は沢山あります

車用の座布団は、いろいろなものが販売されていますが、車に長時間乗る方は自分にあったものを選ぶように注意して下さい。

腰痛は座布団で予防

長時間運転するプロのドライバーなどは、腰痛に注意する必要があります。腰痛を予防する効果のある車用の座布団を使うように注意して下さい。

車用の座布団・トップイメージ

低反発の座布団

低反発の座布団もオススメ出来ます。体が座布団に沈みこみ過ぎないので、姿勢を安定して保つことが出来ます。固めの座布団というようなことですね。とくに仕事上運転する機会が多い方や長時間運転することが多い時には、運転する時の姿勢は体にとても大きな影響を与えます。普通に運転しているだけでも、毎日の積み重ねで気がつけば腰痛になったり、重大な問題が生じてしまったりして、どうにもならないこともあります。

腰痛の原因

車を運転する際には姿勢はとても大切です。長時間の運転で体に注意しなければならないのは、まずなんといっても腰痛の予防です。腰痛は長時間同じ姿勢をとり続けたことで脊椎が歪んでしまうのが原因で発病してしまいます。同じ姿勢をとり続け脊椎のゆがみが慢性化して、さらに同じ姿勢を続けているとその圧力のために体に痛みが走るようになるのです。

ヘルニア予防

同じ姿勢で長時間の運転すると、腰椎椎間板ヘルニアになってしまうこともしばしばあります。腰椎椎間板ヘルニアとは背骨の間でクッションの役目を果たしている椎間板が弾力性を失い後方に飛び出すことによって、神経を圧迫するようになった状態のことです。この原因は背骨に圧力がかかりすぎたことが原因です。腰痛もとても辛いですが、ヘルニアになると、せきやくしゃみをするだけでもとても痛くなり、椅子に腰掛けているたげでもとても痛いということがしばしばあります。こうならないなめにも、車用の座布団は重要です。車用の座布団を利用して姿勢が悪くなるのを防止して背中に負担をかけないようにするととてもいいと思います。

車用の座布団はとても大切

車の運転することが仕事の方にとっては車用の座布団は大切な商売道具とも言えます。腰痛などを未然に予防するためにも、車用の座布団にはこだわるほうがいいと思います。どうしても理想のものが見つからなければオーダーメイドしても車用の座布団は用意する価値があります。車用の座布団はお金と労力をかけてでもしっかりとしたものを選んで下さい。

涼しいいぐさの座布団

夏の暑い時などには、涼しい座布団もとても役に立ちます。いぐさの座布団などは、とても助かります。また、竹素材のものもとても涼しくて快適な座り心地です。

テンピュールの座布団

テンピュールとは、1970年にNASA(米国航空宇宙局)で研究されて開発された素材です。ロケットを打ち上げる時に宇宙飛行士にかかる強烈なGを少しでも和らげるためと宇宙飛行船で座っている時に快適にすごせるように開発された素材です。これを車用の座布団に使用したのが、テンピュールの座布団です。