ドイツ車の特徴

ドイツ車の特徴である質実剛健、伝統を守りながら進歩していく点や環境問題への取り組み、その他メルセデス・ベンツ、アウディ(AUDI)、ポルシェ(Porsche)などの紹介をしています。

ドイツ車の特徴

ドイツ車の特徴は、質実剛健の一言で表現するのが正しいでしょう。ドイツの車だけではなく、ドイツの国民性にも通じる特徴が、車作りに反映されています。

ドイツ車は伝統を守りながら前進する

ドイツ車には、伝統を守るという点も特徴として上げられます。過去から続く設計思想などを守りながら、時代の流れを取り入れて行くのも非常に特徴的なポイントになります。

ドイツ車の特徴・トップイメージ

ドイツ車の特徴として環境問題に積極的

ドイツ自体が、国単位として最も早く環境問題に取り組んでいることから、ドイツ車メーカーも特に環境問題に積極的な歴史を持っています。
環境問題への取り組みとして特徴的なものは、ディーゼルエンジンの車の研究開発がとても熱心に行われています。
これは、ドイツのみではなく、ヨーロッパの自動車会社の特徴ともいえます。

ドイツ車の特徴として車の基本性能重視

ドイツ車は、車の基本的な性能としてとても大切な、走る、曲がる、止まるについては、とても重視しています。
次に、車のデザインについてもかなり熱心に研究しています。
内外装のデザインについては、歴史と伝統のあるデザインテイストを守りながらも、常に新しいデザインも積極的に採用しています。
フォルクスワーゲンのゴルフという車については、長い間フルモデルチェンジは行っていませんが、常に、内外装のデザインの変更は行い新しい時代の流れを取り入れています。
このように外観や内装をしっかりと長い時間をかけて作りこんだ車種が多いのが特徴的です。

ドイツ車のベンツ

ドイツ車の中でも、代表的な車であるベンツは、ダイムラーは、メルセデス・ベンツ、スマート、マイバッハ、フレイトライナーなどの複数のブランド名を展開しています。
また、ダイムラーは、トラックの販売台数では世界最大の自動車メーカーです。
自動車の製造では、最も古い歴史を持つメルセデスベンツ(MERCEDES-BENZ)です。
この名前の由来は、ダイムラー社の設計者の娘の名前から取られたものだと言われています。

BMW

ドイツ車の有名メーカーのBMWは、「BAYERISCHE MOTOREN WERKE(バイエルン自動車工場)」の頭文字です。
BMWは、航空機や船舶のエンジンの製造からスタートした会社で、「BMW」の有名なシンボルマークについても飛行機のプロペラからデザインされたものです。

アウディ(AUDI)

アウディ(AUDI)は、アウグスト・ホルヒにより設立されましたが、近代的な4WDシステムの基礎作りあげました。クワトロと呼ばれる車種のシリーズは、ラリー選手権で大変活躍し、同社の知名度を向上させました。

ポルシェ(Porsche)

ポルシェ(Porsche)は、高級スポーツカー、レーシングカーだけを生産、販売しているドイツ車メーカーです。また、ポルシェ(Porsche)は、ドイツ車メーカーとして、MandA等の企業の経営活動とは縁の少ないメーカーとなっています。

ドイツは自動車が主力産業

ドイツ車は、GDP(国内総生産)で世界の中でTOP5に入る経済規模を持つドイツの主力産業となっています。
特にドイツから国外への輸出については、その40%近くを自動車によって稼いでいます。ドイツ車の生産台数は、世界でもトップ5の生産規模を誇っています。