深夜バス 横浜

深夜バス横浜について、横浜市内だけで運行されているもの、海老名、新橋、品川、東京、新宿等の近郊を結んでいるものと岡山、倉敷、福山、広島、大阪、京都、神戸、USJ、名古屋、四日市、岡崎市、豊田市、盛岡、仙台、田沢湖、五所川原、弘前などの遠距離のものをご紹介しています。

深夜バスの横浜到着分で長距離運行のもの

深夜のバスとして横浜に朝到着するものは、

名古屋⇒横浜・新宿

津駅⇒横浜

近鉄白子駅⇒横浜駅

近鉄四日市駅⇒横浜駅

名古屋駅⇒横浜駅

豊田市駅⇒横浜駅

名古屋駅⇒横浜駅

バス・横浜

西に向かうものは、岡山、倉敷、福山、広島、大阪、京都、神戸、USJ、名古屋、四日市、岡崎市、豊田市に行くものがあります。

東北地方などに向かうものは、盛岡、仙台、田沢湖、五所川原、弘前行きなどがあります。

深夜バス 横浜

深夜バス横浜は深夜に横浜駅から出発して、運行しているバスがあります。

深夜バス横浜は沢山の路線があります。

深夜にタクシーに乗るよりも時間はかかりますが、料金は比較にならないほど安いです。

このため、深夜バス横浜は、お財布にとてもやさしいです。

深夜バス 横浜駅西口発海老名駅

深夜バスの横浜駅西口発海老名駅があります。

横浜駅西口を出発すると上星川、西谷駅、白根町、二俣川駅北口、希望ヶ丘、三ツ境駅、南台派出所、バザール前、大和駅、相模大塚駅、さがみ野駅入口、富士塚、望地、終点海老名駅の順で停車します。

横浜駅西口発海老名駅間の所要時間は1時間20分、運賃は、2550円です。

終電がなくなった後の深夜は、タクシーもつかまりづらいときがありますので、深夜バスはとても助かります

料金自体は、深夜タクシーに乗るよりも安上がりですし、とても助かります。上手に活用して、お金も体力も節約しましょう。

深夜バス 横浜市内走行

横浜市内を走行している深夜バスは沢山あります。横浜市営バスが運行しているものです。

横浜の市営バスは、昔の路面電車の路線がバス路線になり、運行されているものですので、とても歴史があり、伝統のある路線が多いです。

深夜バスですけれども、深夜料金として割り増しされるのは、深夜割り増し分だけですので、とても料金は安いです。

・保土ヶ谷駅西口発、保土ヶ谷車庫行き(桜ヶ丘・星川・大門通)
・横浜駅西口発、保土ヶ谷車庫行き(反町・片倉町・三ツ沢グランド)
・東戸塚駅前発、東戸塚駅前行き(平戸2丁目)
・東戸塚駅前発、公務員住宅前行き(平戸2丁目)
・横浜駅西口発、十日市場駅行き(小机駅)
・横浜駅前発、本牧車庫行き(和田山口)
・横浜駅前発、本牧車庫行き(元町・間門)
・横浜駅前発、市電保存館前行き(山元町)
・鴨居駅前発、千丸台団地行き(竹山団地・笹山団地・西谷駅前)
・鴨居駅前発、緑車庫行き(竹山団地・笹山団地)
・市が尾駅発、石橋行き(川和高校入口・夕やけ橋)
・江田駅発、仲町台駅行き(荏田南・都筑ふれあいの丘)
・仲町台駅発、江田駅行き(池田)
・上大岡駅前発、野庭中央公園行き(すずかけ通)
・洋光台駅前発、さわの里小学校前行き(萩台)
・根岸駅前発、磯子駅前行き(弾馬・岡村町・広町)
・市電保存館前発、弾馬行き
・磯子駅前発、市電保存館前行き(屏風ヶ浦駅前・汐見台3丁目・岡村町)
・鶴見駅西口発、川向町行き(白幡・内路・菊名・大倉山)
・鶴見駅西口発、港北車庫前行き(白幡・内路・菊名)
・大倉山駅前発、川向町行き(新羽駅・新開橋)
・鶴見駅前発、一の瀬行き(末吉橋)
・青葉台駅発、若葉台中央行き(十日市場駅前)
・十日市場駅前発、若葉台中央行き(中丸入口・近隣公園)

深夜バス横浜 新橋、品川発

深夜バス横浜で、横浜市内の路線には、東京の新橋発、品川を経由して、京浜急行の金沢文庫行きのものがあります。

都内で遅くなり、横浜方面に帰宅するのに、最適の路線ということが出来ます。

横浜市内で停車するところは、上大岡駅、随縁寺前、上の前、下ヶ谷、氷取沢、市民の森入口、神明前、宮ヶ谷、赤坂、釜利谷東小学校前、金沢文庫駅となります。

料金は新橋から金沢文庫駅までで、3,060円ですので、タクシーなどより、とても安い料金です。

深夜バス横浜 東京、新宿発

深夜バス横浜のものには、東京、新宿発のものがあります。終着は、平塚駅になりますので、走行する距離はとても長いです。

横浜では、今井町(横浜新道)、川上町(横浜新道)、戸塚バスセンター、東原、立場駅、飯田、湘南台駅東口などに停車します。

自宅近くに停車する場合などには、とても便利なものです。